2018-2019香港ディズニーランドリゾート旅行に行く準備開始!

eye_HK

このブログは『世界中のディズニーにいきたい!』というテーマから始まっているブログです。

次の目的地として香港ディズニーリゾートにターゲットを絞って準備を進めることを決めました。日程は2018年年末から2019年年始。管理人と同じく初めて香港ディズニーにいくひとに役立つ情報をまとめていきたいと思います。


スポンサードリンク


まえおき

始めての香港ディズニーランド。管理人の現時点の知識は、香港にディズニーランドがあるということぐらいです。そのほかはほとんど何も知りません。そんななか1年かけて準備を進めていこうと思います。

また、旅行から帰ってきたら体験・経験・得た知識などなどをまとめてまた記事にしていきます。

香港ディズニーランド・リゾートへ行く準備

まずは、管理人が準備しておかないとだめなこと、知っておいたほうがいいだろうなと思うことをリストアップします。そして、管理人なりにネットや本で調べていって各項目ごとにまとめたいと思います。

最低限必要な準備

これは絶対準備しとかなあかんやろ的なことをリストアップ!

  • パスポート
  • 航空券予約
  • ホテル予約
  • お金

ぐらいですかね。この4つさえあれば、香港にいってホテルにとまって、パークに入ることはできるんだと思います。

香港ディズニー旅行の予備知識

事前に調べたらわかることで知っておいた方がいいやろ的なことをリストアップ!

  • 香港の気候
  • 香港の通貨
  • 香港ディズニーランドとは
  • 香港ディズニーランドで評判がいいもの
  • パス(チケット)

ぐらいでしょうか。

いってみないと分からない疑問

あーだーこーだと調べてはみても実際いってみないとわからないことっていろいろあると思います。そのあたりは実際に体験したあとにまとめていきたいと思いますが、とりあえず現時点での疑問点をリストアップ!

  • 空港からパークへの移動
  • ファストパス、フォトパスカードなどの使い勝手
  • 実際の待ち時間や混雑度
  • ショー・パレードの満足度
  • ディズニーホテルの快適さ
  • ごはんっておいしいの?
  • 香港ディズニーのいいところ、ダメなところ

このあたりを中心に調べてきます。

最低限必要な準備

パスポート

これがないと日本を出国することすらできません。

パスポート

パスポートを持っている人は、有効期限に注意です。香港に入国(厳密にはくにではないので入境)するには、有効期間が『1ヵ月+滞在日数以上』ないと入国させてくれません。(滞在1カ月未満の場合)

パスポートがない人は、申請して作ってくださいね。必要書類をそろえて申請してからもらえるまで1週間程度はかかります。

航空券予約

LCC(格安航空)、レガシー(JAL、ANA、キャセイなど)いろいろとありますが、現金で購入する場合はだいたいエコノミーで3万~10万のようです。高いのは、8月、12~1月。安いのは6月、9月です。

このブログでは、ANAマイルを貯めて特典航空券で世界のディズニーにいくことをテーマにしています。もちろん、管理人は特典航空券を予約開始日の搭乗355日前に確保しました。ANAマイルの必要数をまとめておきます。

日本⇔香港 ローシーズン レギュラーシーズン ハイシーズン
エコノミー 17,000 20,000 23,000
ビジネス 35,000 40,000 43,000

今回、管理人がとった予約はこれ。

特典航空券予約

行きはビジネス帰りはエコノミーという変則的な取り方です。こんなことができるのも特典航空券の魅力です。必要マイル数は、行きも帰りもハイシーズンなので1人33,000マイル、4人で132,000マイル。費用は、サーチャージ3,000円×4や、税、使用料などすべて含めて35,360円でした。

なんか当たり前のように書いてますが、実は管理人。今回が初めての特典航空券予約なんです。初!!!2017年からマイルを貯め始めて1年がたって、ようやくマイルを使うときがやってきました。SFC修行の完了でスーパーフライヤーズカードをもっているので、ビジネス4席も比較的簡単にとることができました。

SFCプラチナプレミアムカード

ANAの同条件のチケットを購入していれば4名で402,900円(格安チケットのエコノミー往復とビジネス往復の平均)だったので特典航空券のありがたさを初実感です。

ANAの場合、成田、羽田、関西、名古屋から直行便が出ています。飛行時間は、羽田から往路4時間半、復路は気流の影響で4時間ほどです。

ANAダイヤ
2018/4-6 ANA時刻表

ホテル予約

香港ディズニーランドリゾートの中に直営ディズニーホテルが3軒あります。

  グレード 雰囲気 客室数
香港ディズニーランド・ホテル ビクトリア様式 400
ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ エキゾチック 750
ディズニー・ハリウッド・ホテル アメリカン 600

ほんとざっくりですが標準のお部屋・レギュラーシーズンで、ディズニーランドホテル5万円/日・室、エクスプローラーズ・ロッジ3万円/日・室、ハリウッド・ホテル2.5万円/日・室というイメージです。ハイシーズンになると×1.5ぐらいかな。

グーグルマップをみてもわかるように、香港ディズニーリゾート付近には他のホテル(シティーホテルなど)はありません。時間を効率的につかうとなるとこの3件のホテルのどれかを選択することになると思います。

ディズニーから離れると安いホテルもあります。そのあたりはコストと時間をどう考えるかですよね。半額以下になるホテルもあるようなので悩むとこですね。

予約は、公式ページ(日本語)か比較サイトでできます。比較サイトのほうが、若干(1割ほど)安い場合が多いみたいですね。TDRのティズニーホテルのように予約開始と同時に満室なんてことはないようですよ。稼働率も2015年のデータで80%をきるようで、希望のグレードが満室ってことはあまりないみたいです。まあ、念のため早めの予約をしておきましょう。

公式ページからのほうが、あとあとレストランの予約追加や問い合わせなど柔軟に対応してもらえると思うので、管理人は公式ページから予約しようと思います。メールでも予約できるようです。もちろん、英語か中国語でないとだめだと思いますが・・・。

予約開始日がよくわからないんですよね。おそらくですが、1-3月、4-6月、7-9月、10-12月のように3カ月ごとに区切ってまとめて予約開始日を設定しているような感じ。くわしくわかればまとめようと思います。

公式ページからの予約では宿泊日の7日前までなら10%off、21日前までなら15%offになります。(適用除外日もあるのかも)それ以外にも宿泊日や予約日によってはキャンペーン適用で40%offになる場合もあります。また、お部屋の無料アップグレードもあるようですね。

他にも、香港ディズニーの年パス・マジックアクセスを保有していると割引制度があります。

お金

クレジットカードがあればだいたい対処できるとおもいますが、現金も必要です。空港で両替するか、クレジットカードのキャッシングで現地ATMから引き出す方法がいいと思います。

日本に帰ってきたら、どの両替方法が一番良かったかを記事にまとめます。

香港ディズニー旅行の予備知識

香港の気候

管理人は香港へは2度いったことがあります(香港ディズニーはいったことなし)。北緯22度ぐらいにあるので暑く湿度も高くムシムシです。(東京・大阪は北緯35度前後)夏場は気温、湿度とも高って不快なほど。さらに台風もよく来る地域なので、観光のベストシーズンは11月~3月ぐらいです。

香港200409
2004年09月の香港ビクトリアピーク

香港の通貨

通貨は香港ドル(HKD)です。米ドルにペッグされているので、基本的に米ドルと円の値動きに連動します。2018年1月の時点で1香港ドル(HKD)=14円少しです。

香港ディズニーランド

アナハイムのディズニーランドリゾート、フロリダのディズニーワールド、東京ディズニーリゾート、ディズニーランドリゾート・パリに次いで世界で5番目のディズニーとして2005年にオープン。

当初はいろいろとあったものの何とか軌道に乗り出したかと思いきや、上海に2016年にディズニーができてライバル出現。2018年から2023年にかけて1,500億円の追加投資で魅力を高めようとしています。世界最小ディズニー、不人気、空いているなどなどいろんな不名誉なことをいわれている香港ディズニーですが挽回できるのでしょうか?

ただ、管理人の友人曰く『適度に空いていて、ほどよく小さいから全体がわかりやすいし、キャラグリもいっぱいあるので小さい子供連れだといいと思う。思ってたより良かった!』だそうで、実際のところどうなんでしょうね。

ネットでいろいろ検索していても、前評判ほどネガティブな意見は少なくって、いいよっ!っていう声のほうが大きいようにも思います。果たしてどうなんでしょう。行ってのお楽しみということでしょうか。

香港ディズニーランドで評判がいいもの

ネットをみてると

  • キャラグリが充実している
  • イカ焼きがおいしい
  • ミスティック・マナーがいい
  • マジックアクセス(年パス)がお得だ

などなどといろいろ書いてあります。このあたりは、帰ってきてから書きますね。

パス(チケット)

1デーパス、2デーパスと3種類の年間パスがあります。公式ページから事前購入もできますし、現地のエントランスでも買えるみたいですね。

年間パスは別名が『マジックアクセス』といって3種類あります。シルバーは土日や混雑日が使用不可。ゴールドは土日が混雑日が使用不可。プラチナは年中使用可です。

  チケット 値段 備考
パス 1デーパス HK$619 HK$50のクーポン券かミッキーワッフル付
2デーパス HK$689 HK$30のクーポン券付
年間パス
(マジックアクセス)
シルバー HK$1,239 220日(平日中心)
ゴールド HK$1,999 340日(混雑日程使用不可)
プラチナ HK$3,491 365日

TDRとの違いは特典がかなりいろいろとあるようです。お土産やレストランの割引があったりディズニーホテルの割引があったり。このあたりも、使ってみてからまとめます。

まとめ

なんだかんだといって、まだいったことがないので内容の薄い記事になってしまいましたね。2019年の正月に現地にいってきますので、帰ってきたら詳しく記事にしていこうと思います。

もし、こんなことが知りたいよ~ってことがあればコメントいただければ調べてきます。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA