バケーションパッケージ~お金の話~

ホテルとパークチケット、ファストパスなどがセットになっている『バケーションパッケージ』。

濃密なディズニーを体験できるのでファンの人も多いはず。

今回は、そのバケーションパッケージの価格について調べてみました。


スポンサードリンク


バケーションパッケージ

バケーションパッケージってなに?

2004年12月から販売されている『バケーションパッケージ』。好きなホテルの宿泊とランドとシーに入れるパスポート。それにファストパスやショー鑑賞券などがセットになっています。

いろんなプランが設定されていて、子供がいる場合は、『カストーディアル』(清掃キャスト)になりきれるプランや、『キッズ・ナイト・アドベンチャー』という冒険プログラムがついたプランがあります。

特別キャラグリができるプランなどもあって、バケーションパッケージならではのプログラムなどが魅力です。

ワールドバザール

予約開始が早い

バケーションパッケージの魅力のひとつとして、予約開始が早いというのがあります。管理人は関西在住ですので、ディズニー=宿泊です。地方のかたは、そういう方が多いのではないでしょうか?

そんなとき、どこに泊まりたいかってもちろん『ミラコスタ』や『ランドホテル』なわけです。しか~し、あの壮絶な予約バトルはなんなんでしょう。ミラコスタ、ハーバービューなんて予約開始3分で満室です。

ディズニーホテルのみを予約しようとする場合は宿泊日の5カ月前から予約開始なのに対して、バケーションパッケージの場合は6カ月前から予約することができます。これは大きなメリットです。100m走に例えるなら、自分だけスタート位置が25mほど前にあるようなものですよね~。

ホテルのみの予約枠とバケーションパッケージ枠がどれぐらいの比率なのかはわかりませんが、明らかにバケーションパッケージのほうが予約しやすいです。

ホテルのみの予約ならなかなか取れないミラコスタのお部屋でも、バケーションパッケージなら予約が取りやすくなっています。

費用の比較

大人2人小人2人でトップシーズンに、バケーションパッケージの『ディズニーホテルに泊まってめいっぱいパークを満喫する 2DAYS』プラン(ディズニーランドホテル・シンデレラルーム)を購入した場合と、ホテル、パークチケットを個別に購入した場合の費用の比較をしたいと思います。

バケーション
パッケージ
個別に購入
ランドホテル
シンデレラルーム
¥90,300
パークチケット
2デ―パス・スペシャル
¥14,800×2+
¥9,600×2
ファストパス4枚
ショー鑑賞券2枚
オリジナル
グッズ
オリジナル
ガイドブック
オリジナル
チケットホルダー
フリードリンク
朝食 ¥2,990×2+
¥1,450×2
リゾートライン
フリー切符
合計 ¥246,800 ¥147,980

このようになりました。

金額的には、約¥100,000円の差。う~ん、家族でいくと結構差ができますね。

次は、カップル?アベック?ペア?で行く場合です。

バケーション
パッケージ
個別に購入
ランドホテル
シンデレラルーム
¥90,300
パークチケット
2デ―パス・スペシャル
¥14,800×2
ファストパス4枚
ショー鑑賞券2枚
オリジナル
グッズ
オリジナル
ガイドブック
オリジナル
チケットホルダー
フリードリンク
朝食 ¥2,990×2
リゾートライン
フリー切符
合計 ¥182,200 ¥125,880

2人で行く場合は、6万円程度の差になりました。こちらも結構な差となってきますね。

それぞれ内容の差は、オリジナルグッズ(写真立てやバッグなどから1点を選ぶ)、オリジナルガイドブック、オリジナルチケットホルダー、フリードリンクです。

バケーションP-オリジナルグッズ

この『オリジナル』という部分ですね。ガイドブックはいいとして、オリジナルグッズオリジナルチケットホルダーです。バケーションパッケージでしか手に入らないというプレミアム感。ここをどう感じるかですよね。

あと、大きいのはショーの鑑賞券です。通常のパークチケットでは抽選となります。ここ最近はバケーションパッケージの影響が大きいと思いますが、抽選の当選確率がだいぶ低くなってきていると思うんです。

ですので、確実に見れるバケーションパッケージはだいぶアドバンテージがあります。

ファストパスについては、普通のパークチケットでインパークしても手にいれることができるので考えなくてもいいと思います。

結局は、このオリジナルグッズ2点とショーの鑑賞。これらの4人分が10万円、2人分が6万円と考えてそれが高いと感じるか安いと感じるか。それぞれの価値観になってくると思います。

行こうと思えばすぐに行ける関東圏の方と、地方圏のかたとでも考え方が変わるかもしれませんね。

地方に住んでいてたまにしかTDRにはいけない、なんて人には効率よく濃密ディズニーを楽しめるこのパッケージはいいのかもしれません。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA