サンルートプラザ東京はこんなホテルだった!

eye_サンルート

関西在住の管理人にとって、ディズニーに行くと必ずホテルに泊まります。

今回は2018年3月春休みにオフィシャルホテル・サンルートプラザ東京に宿泊してきました。写真中心ですがまとめておきたいと思います。


スポンサードリンク


サンルート プラザ東京

サンルート外観

東京ディズニーリゾートにはオフィシャルホテルが6件ありますが、そのうち一番ディズニーランドに近い位置にあるサンルートプラザ東京です。ベイサイドステーションまで行ってリゾートラインに乗るより歩いたほうが早くランドに行けます。また、東京ディズニーリゾートで1番最初にできたホテルでもあります。

オフィシャルホテルの中では低価格で泊まれるホテルです。宿泊する時期や予約する時期によって値段が大幅に変わる場合があるので、こまめにお値段の確認をすれば意外と安く泊まれることがありますよ。

安い値段が提示されやすいのは早期予約と直前予約。

基本は早期予約。半年ぐらい前から予約受付が始まるのでできる限り早く予約を取ります。そのまま取りっぱなしではなく、宿泊日の数日まえにも再度チェックです。同じ条件の宿泊が安くなっている場合もありますよ。

いいところ

コンビニあり

サンルートファーストショップ

ほぼコンビニ的な『ファーストショップ』があります。お酒、ドリンク、おつまみ、パン、お菓子、日用品など一通りのコンビニ的品ぞろえになっています。ホテルのショップなのでお土産などもあります。

営業時間は8時~23時。22時ギリギリまでインパしてるとちょっともう少し遅くまで開いててほしいなって感じですね。

このサンルートプラザ東京の『ファーストショップ』はかなり品ぞろえが充実していて『使える』コンビニになってます。全オフィシャルホテル内最強コンビニ・ヒルトン東京ベイの『生活彩家』と比べると落ちますが、管理人のなかでは2位がサンルートプラザ東京のファーストショップです。足りないものは、お弁当系ですね。それ以外は非常に充実しています。

詳細は別記事に書いているので見てみてください。

ディズニーファンタジーあり

サンルートディズニーファンタジー

オフィシャルホテルなので、TDR直営ショップの『ディズニーファンタジー』があります。パーク内で人にもまれながらお土産を選ぶ必要はもうありません。

売れ筋商品に絞った品ぞろえですが、パーク内と同じようにお土産を買うことができます。

企画もの

サンルート夏祭り

サンルートプラザ東京では、季節にあったいろんなイベントを開催しています。

夏休みには、焼きそば、から揚げなどの屋台、射的やスーパーボールなどの縁日コーナー、ダンスや音楽などのステージ。

いろんな企画があるので、ホテルでも楽しめるようになっています。

内庭

サンルート内庭

庭にプールがあって、青い空とプール、三角屋根の建物(レストラン浜風)の絵面がいいです。(プールは現在利用できなくなっています。)宿泊棟がコの字型に配置されているので内庭的な感じでなかなかいいですよ。

お部屋

サンルートプラザ東京にはいろんなコンセプトのお部屋があります。その数20種類近くあります。ホテル自体は一番古いホテルですけど、各施設を順次改装しているのでお部屋を含めて清潔感ある感じです。

フロンティアルーム

サンルートフロンティアルーム

2018年3月はフロンティアルームに宿泊しました。

西部開拓時代をイメージしたお部屋です。ランドのウエスタンランドに近いイメージです。ランタンをイメージした照明や羅針盤が描かれたテーブルなど雰囲気のあるお部屋です。

サンルートフロンティアルーム2

空のガラスボトルや樽型のごみ箱などいろんな装飾がされてます。

サンルートフロンティアルーム浴室

唯一ホテルの古さを感じるのが浴室です。汚いという意味ではありませんよ。バスタブと洗い場が分かれているし改装されているので新しく清潔感のある浴室です。小さな子供がいると洗い場があるととても助かりますよね。

ただ、若干狭いのが昔の基準なんだなと思うところです。1317サイズ、もしくは1216サイズぐらいだと思います。

サンルートフロンティアルーム窓

ちなみに海側だったので、景色はこんな感じ。春霞がかかってますが、クリアなら富士山、東京タワー、スカイツリー、羽田空港ビューです。

プレジャールーム

2016年7月にプレジャールームに宿泊しました。

サンルートプレジャールーム

お部屋の構成は基本的に他のコンセプトのお部屋と似ています。

窓からの景色がこちら。このときは内庭に面していました。夏祭り開催期間中だったのでイベントで使う屋台やステージが見えます。この写真の右側を見るとランドの駐車場とその奥にランドが見えます。

サンルートプレジャールーム窓

エレベーターホール

サンルートエレベータホール

フロアーごとに同じコンセプトのお部屋になっているので、エレベーターホールもフロアーごとに印象がまったく違うものになっています。

自分のお部屋と違った階のエレベータホールをみてみるのも面白いですね。

レストラン

基本的に食事はディズニーで食べることが多く、ホテルのレストランで食べることはほとんどないんです。

2018年3月の宿泊では¥1,000の割引券が6枚ついていたので、サンルートのレストランで食べることにしました。

浜風

サンルート浜風

ブッフェスタイルの和食ディナーをいただける『浜風』。2016年3月に改装オープンしたので、非常にきれいなレストランです。

サンルート浜風2

ブッフェスタイルとはいえ、お寿司やてんぷら、ステーキなどライブキッチンでシェフに注文して作ってもらうので出来立てのお料理を食べることができます。やっぱり、出来立てはおいしいですよね。

今回は福岡や長崎とタイアップした企画があって、もつ鍋やあまおうの食べ放題などいろんなメニューがあって満足できるディナーになりました。

まとめ

サンルートプラザ東京についてまとめてきました。

リゾートクルーザーにのってベイサイドステーションに行ってリゾートラインでパークに行くのも楽しいですが、ランドなら歩いて10分程度でいけるので散歩がてら歩いてランドに向かえるホテルです。

オフィシャルホテルの中では、価格設定が一番低くなっているホテルです。でも、ホテル内部は順次改装をしているので清潔感があります。構造的に若干古い設計かなと感じる部分もありますが、綺麗にメンテナンスされています。

各季節にいろんなイベントを企画しているので、ホテル内でも楽しめるように工夫されています。

時期によっては非常にローコストで宿泊できるので、選択肢にいれてほしいホテルです。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA