ANAマイレージを理解する

ANA-アイキャッチ

航空券を無料で手に入れることができれば、『世界中のディズニーにいきたい!』が実現にかなり近づきます。

航空券を無料で手に入れる方法として、航空会社が提供するマイレージサービスがあります。

ここでは、ちょ~お得なANAのマイレージサービスの仕組みについてまとめていきます。


スポンサードリンク


ANAマイレージ

ANAマイレージとは

ANAが提供するポイント(マイレージ)プログラムです。正式には、ANAマイレージクラブ(略してAMC)といいます。

マイルを貯めて、それを便利に使うというプログラムです。

貯め方は、飛行機に乗ればもちろんマイルが貯まりますし、クレジットカードの利用で付与されるポイントや、Tポイント、Ponta、ポイントサイトのポイントなどをANAマイルに交換することもできます。

使い方は、特典航空券に交換したり、他のポイントに交換したりもできます。もちろん、ショッピングのお支払いで使うこともできます。

『世界中のディズニーにいきたい!』人は、もちろん特典航空券に交換するの一択です。また、一番有利な使用法も特典航空券への交換です。

公式サイトは、こちらからどうぞ。

ANAマイルを集めるメリット

ANAマイルを集めるメリットは特典航空券に交換できることです。なぜ、特典航空券に交換することがメリットなのか。

それは、とても有利な条件で航空券を入手できるからです。

エコノミークラスなら、盆正月GWを除いてアウラニ・ディズニーのあるハワイは往復で4万マイル、カリフォルニア・ディズニー、フロリダディズニーワールドの北米は往復5万マイル、ディズニー・パリの欧州は往復5.5万マイルあれば無料航空券をもらうことができます。

マイルといわれても、はじめてのかたにはピンときませんよね。管理人もそうでした。簡単にいうとANAがやってるポイントです。

クレジットカードに付与されるポイントや、ヤフーショッピングなどでたまる『Tポイント』、ありとあらゆるポイントをマイルにポイント交換してマイルを貯めていきます。

その集まったマイルを特典航空券に交換すると、ちょ~お得になるんです。

いろんなポイントをマイルを交換するときは、1マイル=1円相当で交換できるんですけど、そのマイルを航空券に交換する段階では、1マイル=1円の価値ではないのです。1マイルの価値が1円ではなく、それ以上に増えちゃうんです!!!

1マイルの価値

マイルを各クラスの特典航空券に交換したときの1マイルの価値はおおむね次表のようになります。

クラス 1マイルの価値
エコノミー 2円~5円
ビジネス 5円~15円
ファースト 13~16円

根拠については、こちらの記事をどうぞ。

この表をみると、ファーストクラスの特典航空券に交換するのが一番お得ですよね。1マイル1円でためたマイルが、13~16円で使えるということです。

実際に、ファーストクラスフロリダ・オーランド(もちろんディズニーワールドがあるところ)までの航空券を普通に買えば、200万円以上します。

でも、特典航空券なら150,000マイルで交換できるんです。つまり、15万円相当のポイントをマイルに交換すれば、200万円以上のフロリダ往復のファーストクラス航空券が手に入るということです。あり得ないお得感です

エコノミーでも十分メリットがあるんですが、エコノミーよりはビジネスクラス。ビジネスクラスよりは、ファーストクラスの方が、さらにメリットが増すということですね。

ちなみに、管理人が一番重要と考えているクレジットカードを利用したときにもらえるポイントについて考えてみます。

ANA VISA カード(後述)というクレジットカードに付与されるポイントをマイルに交換して、ファーストクラスの特典航空券にした場合です。

このカードだと、100万円のクレジットカード利用で、13,000マイル~18,000マイルをためられます。ファーストクラスに交換するなら1マイル約15円相当ですから 約15,000マイル×15円=225,000円!!!

つまり、100万円クレジットカードを使うと22万5000円相当のファーストクラス航空券がもらえるということなんです。還元率にすると22.5%です!!!

ANAマイルの集め方

飛行機に乗れば、その搭乗区間の距離や、運賃種別(旅割、普通、株主優待など)などによって、それに応じたマイルが貯まります。

ただ、ビジネスで出張が多い環境にあるかたなどは貯めやすいですが、多くの方はそういう環境にはないと思います。

そこで、クレジットカードの利用に応じて付与されるポイントをマイルに変えたりハピタスやちょびリッチというポイントサイトで貯めたポイントをマイルに変えて貯めたりするわけです。

クレジットカード利用が一番簡単にポイントを貯めることができるので、数あるクレジットカードの中から、ANAマイルを貯めるうえでベストなクレジットカードをご紹介しておきます。

「ANA VISA カード」です。そのカードについてまとめていますので、こちらからどうぞ。

そのほかにも、ポイントサイトというところでポイントを貯めてマイルに交換することもできます。ポイントサイトをまとめた記事がこちらです。

ANAマイレージクラブへの入会

ANAマイルを貯めるための準備といいましょうか。ANAマイルを貯めるアカウントを作る必要があります。それがANAマイレージクラブへの入会です。

いくつかの入会方法があるのでまとめておきます。

ANAマイレージクラブカード

プロパー会員とでもいいましょうか。ANAのホームページから入会する方法です。もちろん、入会費も年会費も無料です。

ANAサイト

 

ANAのホームページの左上に「ANAマイレージクラブに入会する」ボタンがあるので、そこから入会することができます。しばらくすると、AMCマイレージクラブカードが届きます。そのカードには、「お客様番号」(赤枠)と名前が印字されているので、その番号と入会申し込みの時に設定するwebパスワードでANAマイレージクラブの会員webページログインできるようになります。

AMCカード

このカードは、クレジットカード機能などはなく会員証としてのカードです。0才から保有することができますので、家族旅行などでANAに乗る機会にANAマイルをお子様分も貯めることができるので、家族全員でマイルを貯めてください

ANAカード(クレジットカード)への入会

別の方法として、ANAカード(クレジットカード)に入会することでもANAマイレージクラブに入会することができます。というか、カードを保有することで自動的に入会することになります。

管理人が持っているANAカードANA VISA カードソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)です。こららのカードはANAカードですから、ANAマイレージクラブに自動入会となります。赤枠で囲んでいる部分に、10桁の「お客さま番号」が印字されています。

ANAカード

そのお客様番号がANAマイレージクラブの会員番号のようなものです。その番号と、クレジットカードに入会したときに届く葉書に記載されているパスワードでANAマイレージクラブのwebにログインできるようになります。

パスワード葉書

 

会員webページでは、ANAマイルの管理や、特典航空券への交換、各ポイントへの交換などができます。

 お客様番号の重複

ANAカードを複数枚もっていたり、事前に会員登録していたりすることで、一人で複数のANAマイレージクラブのお客様番号を持つことになります。管理人も4つほどお客様番号を持っています。

複数のお客様番号でそれぞれwebで管理するのは大変ですから、お客様番号を統合できるようになっています。

ANAカードの入会申し込み時に、すでにAMC会員である人のためにお客様番号を記入する欄があります。そちらにすでにもっているお客様番号を記入した場合は、自動的に統合されています。

また、統合されていない場合は、ANAマイレージクラブの会員webのマイページからお客様番号の統合ができるようになっています。

ここで注意点。複数のお客様番号を統合するとメインカードというのが1つ設定されます。カード入会時にすでにあるお客様番号を記入した場合は、新しく作ったカードがメインカードとなります。

そのメインカードの変更もマイページからできますので、状況に応じて変更してください。

もちろん、お客様番号を統合すれば、それぞれにたまっているANAマイルについても統合されます。

 家族のマイルを合算-ANAカードファミリーマイル

家族間でのマイルをあわせて利用する「ANAカードファミリーマイル」という制度があります。

メインカードの保有マイルと家族カード(主に配偶者が持つ)の保有マイル、さらには、18才以下のお子様が持つANAマイレージクラブ会員の保有マイルを合算して特典航空券に交換することができます。

一人だけだとマイルが不足していても、家族の保有分をあわせて特典航空券に交換することができるので、ANAマイルの活用の幅が広がります。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA