ふるさと納税でANA SKY コインを獲得!

eye_スカイコイン

ニュースでよく聞く『ふるさと納税』。

そのふるさと納税の返礼品に『ANA SKY コイン』をプレゼントしてくれる自治体があるのをご存知でしょうか?

ANAスカイコインをもらって、SFC修行や旅行に出かけよう。

この記事で紹介している千葉県芝山町のふるさと納税返礼品『ANA SKY コイン』は2017年12月18日で終了します。ご興味のある方はお急ぎください。


スポンサードリンク


ふるさと納税

ふるさと納税はここ数年でかなり世間に浸透してきました。東京生まれの東京育ちで故郷なんてないよという人、自分はできないと思っていませんか?

別に自分に故郷がなくても、ふるさと納税はできますよ。好きな自治体に納税(寄付)することができます。

寄付した自治体からは、返礼品をもらうことができます。2017年春には、各自治体の返礼品競争が過熱していたため、総務省が返礼率上限を30%におさえるように通知がでました。

ふるさと納税って?

自分が選んだ自治体に寄付をすることです。その寄付額を、所得税や住民税から大部分を差し引いてくれるので、ふるさと納税と呼ばれます。

ポイントは、全国の自治体が寄付をしてくれた人に返礼品を用意してくれていることです。その地域の特産品であるお肉やお米、フルーツ、お酒などの食品や、その地域にある工場が生産しているものなどさまざまな返礼品のなかから選んでもらうことができます。

つまり、税金を納めている感覚なのにお礼の品をもらえちゃう。そんなお得な制度です。

『ANA SKY コイン』が返礼品の町 芝山町

そんななか、『ANAのふるさと納税』サイト限定のようですが、千葉県芝山町の返礼品のなかに『ANA SKY コイン』が用意されています。

芝山町といえば・・・。そう成田空港の南に広がる自治体です。三里塚さくらの丘や航空科学博物館、最近ではひこうきの丘が整備され、飛行機マニアのなかではなじみのある自治体ではないでしょうか。

その芝山町の返礼品には、寄付額に応じてANA スカイコインが用意されています。

寄付額 ANA スカイコイン
40,000円 10,000コイン
70,000円 20,000コイン
100,000円 30,000コイン
350,000円 100,000コイン
650,000円 200,000コイン
1,250,000円 400,000コイン

返礼率は、30%を上限とするように総務省から通知があるので、おおむね寄付額の30%分のANA SKY コインがもらえるようになっています。

高額納税者なら、ポイントサイトやクレジットカードのポイントを使わずにふるさと納税でもらえるANA SKY コインだけで海外旅行にいったり、SFC修行ができちゃいますね。

スカイコイン3

 

ふるさと納税の上限額

いくらでも寄付していいというわけではありません。人それぞれ、所得税、住民税から差し引いてもらえる金額が変わってきます。

ざっくりといえば、住民税額の2割~3割です。住民税額は、これまたざっくりいうと課税所得の1割なので、ほんとざっくりになりますが、課税所得の2%~3%ということになります。

こちらのサイトで、簡易的に計算できますので、自分の上限額を知りたい場合はどうぞ。

サラリーマンなら、ある程度正確な額がわかるんですが、副業をしていたり、株式の譲渡所得や土地の譲渡所得などがあれば上限額を求めるのが難しくなります。

そういう方は、総務省のHPに計算方法がかいてあるので自分で計算することになります。

『ANAのふるさと納税』を活用しよう

ANAのふるさと納税

ふるさと納税をするときに便利なポータルサイトというのがあります。全国にある1,000を超える自治体のなかから、自分の好みの返礼品を選べる便利なサイトです。

ふるさとチョイスや、さとふるが有名でしょう。でも、ANAのマイルを貯めているみなさんにはもっといいサイトがあります。

『ANAのふるさと納税』というポータルサイトです。

ANAがふるさと納税のポータルを作っているんですね。規模的にはまだまだ小さいですし、利便性はふるさとチョイスなどの大手が上です。

でも、このANAのふるさと納税から寄付すると、な・な・なんとANAマイルが寄付額の1%付与されるんです。

なので、ANAのふるさと納税から芝山町に寄付すればスカイコインはもらえるわ、ANAマイルももらえるわ、一石二鳥とはまさにこのこと。

もちろん、芝山町以外への寄付でもマイルはもらえますよ。あと、企画でマイルが増量されることもあるので要注目です。

納税はもちろんANAカード

SFCカード

さらにいえば、納税をANAカードですれば、カード利用に応じたワールドプレゼントポイントがたまるわけです。

カードポイント+マイル+スカイコインの3重取りができるので、ANAマイルを集めているかたにとっては一石三鳥になります。

もちろん、ワールドプレゼントポイントは、ANAマイルやANA SKY コインに交換できますし、ANAマイルはANA SKY コインに交換できます。

ANAカードについては、別記事でまとめています。

ANA SKY コイン

スカイコイン2

ANAの航空券や、ANAの旅行商品の支払につかえます。1コイン=1円です。

注意事項は、有効期限が1年ということです。国際線なら、355日先の航空券も買えるので実際は、約2年先の旅行代金につかえるということになります。

ポイントは、ANA SKY コインで支払った場合は、現金で支払ったのとほぼ同じ扱いということです。

つまり、フライトマイルやプレミアムポイントの積算対象になるということです。マイルを特典航空券に交換して搭乗するとフライトマイルやプレミアムポイントの積算対象外になることを考えると、いろいろなメリットがありそうですね。

ハピタスやちょびリッチというポイントを大量に保有している人や、今回ご紹介したふるさと納税でANA SKY コインをもらった人がSFC修行をするときなどには最適な支払手段です。

また、ANAマイルからANAスカイコインに交換できるので、持っているANAマイルの有効期限が切れそうなときにはマイルをANAスカイコインに交換しておけばマイルが無駄にならずに済みます。

ANAのスカイコインが使えないことがある

ANAスカイコインで支払するには条件があります。それは、すべてのレグがANA便(コードシェア便はOK)であることです。

たとえば、地方空港⇔(ANA便)⇔羽田⇔(ユナイテッド運航ANAコードシェア便)⇔ホノルル という旅程はANAスカイコインで支払OKです。

でも、地方空港⇔(ANA便)⇔羽田⇔(ANA便)⇔ホノルル⇔(ハワイアン航空)⇔コナ という旅程では、最後のホノルル-コナ間がハワイアン航空運航でコードシェア便でもないためANAスカイコインでは支払えません。

すべての航空券をANAスカイコインで支払えると思っていた管理人です。みなさんもこんな落とし穴があるということをお忘れなく。 

まとめ

ふるさと納税では、お肉やお米、フルーツ、お酒に目がいきがちですが、千葉県芝山町では、ANA SKY コインを返礼品にしています。

納税額がある程度あるひとは、芝山町にふるさと納税してANA SKY コインをもらいましょう。海外旅行に行くための航空券を買ったり、ANAの上級会員しか手にできないクレジットカードのスーパーフライヤーズカードを獲得するためのSFC修行に使ったりできます。

ANAが開いているふるさと納税ポータルサイト『ANAのふるさと納税』経由でふるさと納税することで、ANAマイルがもらえますし、ANAカードで決済することでワールドプレゼントポイントももらえます。ワールドプレゼントポイントは、ANAマイルやANA SKY コインに交換できます。

意外と知られていないANA SKY コインの獲得方法をお伝えしました。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA