マイ・ペイすリボの残高設定

リボ

三井住友カードを利用したときに付与されるポイント『ワールドプレゼント』

マイ・ペイすリボで支払うことで獲得ポイントと同数のボーナスポイントが付与されます。ここでは、コストを抑えてボーナスポイントを獲得するための返済額設定を解説していきます。


スポンサードリンク


ワールドプレゼント

3種類のポイント

三井住友カードのポイントサービス『ワールドプレゼント』には3種類のポイントがあります。カードを利用することで付与される『獲得ポイント』、マイ・ペイすリボで手数用が発生すると獲得ポイントと同数もらえる『ボーナスポイント』、提携店でカード利用したときにゲットできる『プレミアムポイント』です。

ここでは、ボーナスポイントに焦点をあてたいと思います。

ボーナスポイント

マイ・ペイすリボを設定して手数料が発生すれば、獲得ポイントと同数もらえる『ボーナスポイント』。つまり、手数料が発生するともらえるポイントが倍になります。

でも、マイ・ペイすリボとは毎月一定額支払う返済方法で、払いきれなかった残高には手数料という名の年率15%の金利がかかってきます。

残高が大きくなると手数料の額も大きくなってきます。100万円の残高が1年続けば15万円の支払い手数料になってしまいます。

せっかくボーナスポイントをもらっても手数料がそれだけかかると意味がありません。でも、手数料がもっと低ければどうでしょう。具体的には10円以下の手数料なら・・・。

数円の手数料で獲得ポイントと同数のボーナスポイントが付与されるなら有効活用しない手はありません。

具体例

管理人のある月の三井住友カードインタネットネットサービス『vpass』のページから具体的に見ていきましょう。これは、ある月に獲得したポイント表です。

ボーナスポイント付与2

 

ご覧のように、[1]獲得ポイントと[2]プレミアム・ボーナスポイント残高が同数になっています。次にこのポイントを得たある月のお支払明細を次にあげときます。

ボーナスポイント手数料2

1,287,577円のクレジットカード利用に対して、獲得ポイント1,287ポイント + ボーナスポイント1,287ポイントが付与されています。それに対して、手数料・利息は1。(赤枠)

1円の手数料支払いで、ボーナスポイント1,287ポイント追加付与されています。このポイントはマイルに交換すると、5,791マイル。1マイル=8円(ビジネスクラスの特典航空券に交換した場合)の計算で、46,332円相当となります。

これはすごくメリットの大きいシステムです。

mypace

そして、上図に話を戻しますが、次月については『今回お支払い後元金残高(①+②+③-④』が222円となっていますので、その残高に対して15%の手数料(金利)がかかるので

222円 × 15% × 30/365(日割)=2円

の手数料が発生するようになっています。

支払額の調整

1円以上でなるべく少ない額になるように支払額を調整していく方法をここではまとめます。

どこで調整する?

三井住友カードでは、インターネットサービスサイト『Vpass』を提供しています。ここでは、利用明細や各種設定、キャンペーンなどクレジットカードについてのすべての情報があるといってもいいサイトです。

この『Vpass』でマイ・ペイすリボの支払額も変更調整できるようになっています。

いつ調整する?

三井住友カードの締日は毎月15日で、翌月の10日に支払となります。カード利用店から三井住友カードに利用明細が届くまで1日~10日ほどのタイムラグがあるので、その月のカード利用額が確定されるのは毎月26日ごろ(月によって多少前後)になります。

なので、翌月10日に支払う額の変更は26日ごろ以降の数日間ということになります。いつまで変更できるかというと引落する銀行によってことなり、三井住友銀行なら10日の支払日の2営業日前まで、三井住友銀行以外は4~6営業日前までです。なので、26日以降月末までにしておいた方が無難ですね。各行の変更期日はこちら

どうやって調整する?

Vpassにログイン後、『リボ払い&キャッシング』から『リボ払いお支払い金額の変更』に進みます。

マイペイすリボ支払額変更

毎月の返済額は少な目に設定しておいて、それを増額する形で調整していきます。なぜかというと、増額は1,000円単位でできますが、減額は10,000円単位でしか調整できません。なので、細かく調整できる増額での調整をしていきます。

マイペイすリボ支払額変更2

支払額の調整は毎月の利用額に対して調整していくので、『次回お支払い金額』にチェックをいれて次へ。

マイペイすリボ支払額変更3

『すべてを支払う』にすると手数料が発生しないので、『一部追加して支払う』にチェックし、金額を設定してから『確認する』ボタンを押します。

マイペイすリボ支払額変更4

これで支払額の調整は完了するんですが、一番大事ないくらの残高を残すかという部分についてまだ説明していません。次の項目で説明していきます。

手数料の計算

いくらの残高を残せばいいのかという問題ですが、それは算数の計算をすれば簡単に出てきます。金利は15%、金利は日割りで計算されるので一番日数のすくない2月だと28日、手数料が1円以上発生すればいいので、残高を X とすれば、

X × 15% × 28日/365日 > 1円

X >(1円 × 365日)/(28日 × 15%)

X > 87円

つまり、毎月のマイ・ペイすリボ残高が87円以上になるように調整すればいいということになります。覚えやすいように、100円以上と覚えておけば覚えやすいでしょう。

ただ、増額調整は1,000円単位となるのでそううまく100円に調整できることはありません。それは毎月のカード利用額によって500円の残高が残る月もあれば、100円に調整できる月もあるでしょう。最悪の場合1,000円少しの残高を残す場合もあるでしょう。そういう場合でも、1,000円 × 15% × 31日/365日 = 13円 ですので、コストが大きくなることはありません。

つまり、コストは1円以上13円未満ということになります。

注意点

注意点は、マイ・ペイすリボを設定当初月だけは1,500円以上の残高にしてください。手数料計算対象が支払日(10日)から締め日(15日)までが手数料計算対象となり、曜日のならびや休日によっては、2日分の手数料になる可能性があるからです。

注意点2

100円以上の残高でもボーナスポイントが付与されない事態を経験。その回避方法をまとめました。

別記事にしていますので、必ず確認してくださいね。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA