東京ディズニーシー15周年記念カードJCB

JCBシー15周年記念カード

のこり3週間になりました。東京ディズニーシー15周年。

それに合わせて、JCBから発行されているディズニーJCBカードの記念カードの発行期間も残り3週間。まだの方で、気になっているかたは時間がわずかになってきましたよ。

追記:このカードの発行は終了しています。


スポンサードリンク


デザイン

東京ディズニーシー15周年記念 デザイン

東京ディズニーシー15周年カード

3月17日までの申込み限定で選択できるデザインです。今なら、このデザインじゃないでしょうか。

ちなみに、ディズニーJCBカードには、一般カードとゴールドカードのみですが、この限定デザインを選択できるのは一般カードだけです。

そのほかの通常デザイン

ディズニーJCBカード

メリット

お買い物のたびに楽しめる

まずは、これでしょう。お買い物のたびに財布からクレジットカードをだすと、ミッキーたちに会える。これをメリットと言わずになんというのでしょう。

年会費がどうとか、ポイントがどうというのはどうでもいいのです。

財布に入っていることで、小さな幸せをゲットできます。

キャラクターグリーティング

特別キャラクターグリーティング

抽選ですけど、週に2回、1回あたり50組でディズニーJCBカード会員限定で特別なコスチュームのキャラクターとグリーティングができます。

抽選なので、どれぐらいの倍率なのかはわかりませんけど、結構倍率高そう。当たればいいよね~。

どのキャラクターと写真がとれるかは選べないみたいだけど、取った写真はフォトフレームにいれてもらえるみたい。

毎年もらえるサンクスギフト

サンクスギフト

カードを更新して年に1回以上のカード利用で、このカード保有者限定のグッズがもらえますよ~。

この限定っていう言葉はなにかくすぐってきますよね。一般カードとゴールドカードでもらえるグッズも違うので、両方ほしい~なんて人もでてくるんじゃないかとこっちが心配してしまいます。

そのほかのメリット

ファンパーティー

メンバーだけが参加できるファンパーティーや、ディズニーホテルの割引、各キャンペーンなどいろいろな特典が用意されています。

ゴールドカードだけのメリット

付帯の海外旅行保険が充実しています。海外旅行保険で重要になる治療と疾病が本会員、家族会員とも充実の300万円。さらに家族特約がついていてそれぞれ200万円。もちろん自動付帯です。賠償責任も本会員家族会員1億円、家族特約2,000万円。

その他の死亡・後遺障害、携行品、救援者なども十分でゴールドカードとしてはトップクラスです。年に家族で2度以上いくなら付帯保険のためにこのディズニーJCBゴールドカードを持ってもいいんじゃないかと思うほどです。

デメリット

還元率が低い

『年会費がどうとか、ポイントがどうというのはどうでもいいのです。』と冒頭で言っておきながら心苦しいですが。。。

還元率が低いのがデメリットです。

ポイント還元率は0.5%とクレジットカードの中では、最低水準にも関わらず、年会費¥2,000-(税別)がかかります。

デメリットを把握したうえで、このカードがいいというかたはこちらから、入会してください。入会特典がアップするようです。

ちなみに、金銭的なメリットが一番高いカード、海外のディズニーへ行きたい人は『ANA VISA ワイドゴールドカード』がおすすめです。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA