初めてのウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)〜2つのウォーターパーク〜

フロリダのウォルトディズニーワールド内にある2つのウォーターパーク『タイフーン・ラグーン』と『ブリザード・ビーチ』をご紹介します。

マジックキングダムとかのパークも面白いけど、暑いフロリダでは気になる存在のウォーターパーク。2つのウォーター・パークにそれぞれ丸1日入り浸った印象をお伝えします。

タイフーン・ラグーン

WDWのウォーターパーク

ウォルトディズニーワールドには、2つのウォーターパークがあります。簡単にいうとプールのパークですね。

それぞれかなりの規模のプールです。1周30分かかる流れるプールがそれぞれにあって、そのほかにもスライダーがそれぞれのパークに5種類以上ありますから・・。

子供も一緒にWDWにいくよっていうグループにはお勧めです。子供ってプール大好きですよね。マジックキングダムなどのパークも魅力的ですけど、ウォーターパークもいいですよ。

ブリザード・ビーチのキッズエリア

どんなところ

ブリザード・ビーチの世界3大スライダーのひとつサミット・プラメット

恐怖あり、楽しさあり、それはそれは楽しいウォーターパークです。管理人的にWDW最強に絶叫したスライダーあり、死ぬかと思った波のプールあり・・・。

大人向けと思いきや、キッズが楽しめるスライダーあり、みんなでラフティングのように楽しめるスライダーあり・・・。

さすがディズニーといえる全世代が楽しめるウォータパークだなという印象です。プールだけでなくって2つパークにそれぞれテーマを持たせてあって、いろんなところの作り込みがすごい。

プールサイドを歩いているだけで楽しめる。やっぱりディズニーっていいよねって思えるところです。

北米最大級の波プール タイフーン・ラグーン・サーフ・プール

タイフーン・ラグーン

タイフーン・ラグーンのテーマは、『巨大台風が通過したあとの南太平洋の小島』

そのテーマを聞いただけでワクワクしてきません?

タイフーン・ラグーン についての詳細は、別記事をご参照ください。

ブリザード・ビーチ

ブリザード・ビーチのテーマは、『常夏のフロリダに突然吹雪がやってきた。そして、太陽に溶かされた雪解け水が流れ出し・・・』

こっちも楽しそう・・・。テーマだけで御飯のおかずになりますね。ディズニーやるね。

ブリザード・ビーチ についての詳細は、今後まとめますね。

基本情報

タイフーン・ラグーンのスライダー

年中無休・気候

ここはフロリダ。年中温暖なので、ウォーターパークも基本的に年中オープンです。ただ、やっぱりメインは夏場ですね。冬も暖かくてウォーターパークはオープンしてますが、それでも朝晩は10度前後になることも・・・。水温はある程度の温度をキープしてくれるみたいですが・・・。

基本的に外国人って寒さに強いんです。日本人が長袖着ているような天気でも半袖でかき氷食べてますからね。ちょっと体の作りが違う。

お値段

お値段です。基本料金は$69(2019/8現在)です。結構お高い。ただし、パークチケットでパークホッパープラスを買っておけばお得に利用できます。

パークポッパープラスについて簡単に説明しておきましょう。例えば3日間のパークホッパープラスを購入すれば、マジックキングダムなどのパークに3日間、それに加えてウォーターパークやゴルフコースなどに3日間、合わせて最大6日間遊べるというチケットです。

通常のベースチケットやホッパーチケットからの追加料金はちょっとだけなので、ウォーターパークに行く予定があったら迷わずパークホッパープラスを手配しましょうね。

詳しくは別記事をどうぞ。

タイフーン・ラグーンの入り口

行き方

まずは、ウォーターパークへの行き方です。一番便利なのはやっぱりレンタカーですね。マジックキングダムなどとは違って駐車場は無料です。

ディズニー直営ホテルからはバスが出てます。パークからはでてないので、いったん直営ホテルにいってからバスを乗り換えるって感じ。

ただ、バスの本数が30分ごとと思っておいた方がいいです。ホテルを巡回してからパークに向かったりするので時間もかかる場合があるようですね。ホテルによって状況が違うのでなんともいえないのですが、ホテルからウォーターパークまで60分程度みておきましょう。

あと注意点なんですが・・・バスの空調です。これね、めちゃめちゃ寒い。エアコンの吹き出し口から白い煙が・・・。ブリザード・ビーチにつく前にブリザードが吹き荒れています。なので、ダウンジャケットとまではいいませんが、羽織れる厚手のものを持っておきましょうね。

営業時間

基本的には、10AM~5PMが基本です。7月8月には、8PMまで延長されるといった感じです。

営業時間については、公式ページに営業時間が掲載されているので、しっかり確認しておきましょう。

タオル・更衣室・シャワー・ロッカー

タオルはそれぞれのパークで貸し出ししてくれます。直営ホテルに泊まっていれば無料で貸し出してくれるので、わざわざホテルから持ち出したりしないでくださいね。

直営ホテルは無料で間違いないんですが、そのほかのホテルでも無料になるホテルがあるようです。管理人は、どこに泊まってんの?って聞かれたのでヒルトンだよって答えると無料で貸してくれました。(有料の場合は$2)

もちろん、更衣室もあります。まあプールの更衣室なのでめっちゃキレイってことはないんですけど、管理人的にはキレイな方だなと思いました。温水シャワーも水圧十分なので、満足です。

あと、ロッカーも有料ですがあります。$10,$15の2サイズ。ロッカーの大きさを確認してから選ぶようにしましょう。どちらも思ったより小さいです。

ロッカーの近くにマシーンがあります。日本語も対応。大きさと暗証番号を入力してクレジットカードでの決済をすれば、ロッカー番号が書かれたレシートが出てきます。

その番号のロッカーにいって設定した暗証番号を入力すると使える仕組み。1日何度でも開け閉めできます。

浮き輪など

プールといえば、浮き輪とかフロートでのんびりと流れるプール流れるのが楽しみの一つです。

管理人も張り切って日本から浮き輪をもっていき、ホテルで空気を入れてレンタカーに押し込んでウォーターパークに行きました。

そしたら、入り口で『それ持って入れないよ』・・・ガビーン(アラフォーの驚きの言葉)

そうなんです。持参した浮き輪フロートは使用禁止。ゲートで預けないとダメなんです。預かり証をもらって帰りに帰してもらうのを忘れないように。

えー、ほんじゃー流れるプールどうるんの?・・・ご安心を。プールには必要なところに専用チューブ(浮き輪)が十分な数用意されています。

空いてるチューブをもって楽しみましょうね。子供にはライフジャケットも各サイズ用意してくれますので安心してください。

要は、ほとんど手ぶらでウォーターパークにいってOKってことですね。

ライフジャケット完備
ブリザード・ビーチの流れるプール

お食事

ウォーターパーク内には、レストランがあるのでお腹がすいても大丈夫。管理人は、カウンター式のお店でランチをいただきました。

メニューは・・・やっぱりハンバーガーとかポテトとか・・・。です。味も濃いくておいしいとは言えない感じかな。

軽食のドーナツとかブレッドのワゴンもあったよ。個人的にはおにぎりが食べたかった・・・。

ドリンク

ドリンクはこのリフィラブルマグがおすすめ。これはホテルのものとは別物で、ウォーターパーク専用です。$10ドルちょっとだったかな。

一日中飲み放題なのでお得です。コーラとかすプライドとかパワーエイドとか・・・。爽健美茶とか麦茶はないよ・・・。

ちなみに、2日目に1日目で買ったマグをもっていっても使えません。マグのなかにチップが埋め込まれてるんですね。マグをレジにもっていっていけば、また使えるようになります。($5程度でかなりお得)

チェアー

ウォーターパークにいったからといって、一日中泳ぐわけじゃないですよね。アラフォーになると、泳ぐより休憩している時間のほうが長くなります。

そんなときに大活躍するのがチェアー。WDWのウォーターパークでは、無料で利用できるチェアーが多数。屋根付きのエリアもあるので、木陰でのんびりもOK。

ただ日陰のチェアーが数的に十分あるかといえばそうでもなく、午前中の早い時間にいけば確保できますが、午後からインパークだと見つけるのにだいぶ時間がかかると思います。

ちなみに有料ですが、カバナもあります。管理人は利用しなかったので、いくらぐらいかはちょっとわかりません。空き具合もわかりません。すいません。

どれぐらいの所要時間で予定を組めばいい?

旅程にあんまり余裕もない、だけどウォーターパークにもいってみたい・・・。いったいどれぐらいの時間を予定しておけば楽しめるのかなぁ?という疑問を持っている人もおおいのではないでしょうか?

こればかりは人によって満足する時間っていうのは一定ではないでしょうし、難しい話ですよね。ググると『3時間ぐらいあるとOK』っていう情報もでてきます。

管理人のおすすめは『丸一日確保!』です。

夏場になるとそれなりに混雑するし、短時間だけど毎日のように雷雨があって午後を中心に1時間ほど入水禁止になる時間帯もあります。

ウォーターパークを往復する時間だったり、着替える時間だったり、のんびりする時間だったり・・・あ~楽しかった!ってなるには丸一日を予定しておくのがいいですね。

混雑

具体的にどれぐらい混雑するかですが、管理人のいった夏休みど真ん中(8月中旬)など、人気のあるスライダーは30分待ちぐらいになります。

ブリザード・ビーチにはリフトがあるんですけど、それも20〜30分まち。

パークにはスライダーが10近くあるので、何本かスライダーを滑るだけで2時間ほどは軽く必要です。

全制覇しようと思うと 休みなしでも 3時間〜4時間ぐらいかかるイメージですね。気に入ったスライダーを何本も・・・となるとやっぱり1日必要です。

夏の天気

夏場は毎日午後にスコール的に雨が降る時間帯があります。雷も伴うので、1時間ほどプール入水禁止になっちゃうんです。プールサイドでのんびりしてれば止むんですが、夏に行く場合は時間には余裕をもっておいたほうがいいと思います。

じゃあどっちが面白いの???

ウォルト・ディズニー・ワールドにある2つのウォーターパーク、『ブリザード・ビーチ』と『タイフーン・ラグーン』どっちも行きたいけど、そんな時間はない。

どっちかに行こうと思うけど、どっちがいいの?どっちが面白い?

という悩みを持っている人もいるでしょう。これも難しい質問です。が、敢えて、敢えて答えるとすれば、管理人は『ブリザード・ビーチ』をお勧めします。

理由は『サミット・プラメット』。

これはWDWで一番絶叫したアトラクションでした。ブリザード・ビーチのスライダーはバリエーション豊富で、絶叫系からエンジョイ系まで幅がひろかった。

これがブリザード・ビーチをお勧めする理由です。

ただし、ほんとに僅差。タイフーン・ラグーンも超楽しいです。タイフーン・ラグーンの波のプール『サーフ・プール』も最高ですよ。

まとめ

WDWのウォーターパークについての一般的な情報をまとめました。個別のパークについては別記事でまとめます。

『タイフーン・ラグーン』も『ブリザード・ビーチ』もさすがディズニーのウォーターパークという感じの楽しさです。

正直キャラクター色はあんまりなくって、管理人が出会ったキャラクターはリロだけ。グフィーとかもいるらしいんですが出会えず。

とはいっても、そこはディズニー。ウォータパークに設定しているテーマがユニークですし、そのテーマに沿った作り込みがすごい。

プールサイドを散歩してるだけでも、きょろきょろとしてしまって楽しめちゃうあたりはさすがディズニーだなという印象です。

どの世代がいっても楽しめるように作ってある2つのディズニー・ウォーターパークでした。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA