ディズニーランドホテル~お部屋のグレードとビュー(眺め)~

ディズニーランドホテル-アイキャッチ

ディズニーホテルを予約するときに、いろんな疑問が出てきます。

たとえば、ディズニーランドホテルのパークビューとバークグランドビューの違いはなに?とかです。勘違いをして予約してしまうと、部屋に案内されたときに『なんでやねん!』になりかねません。

今回は、ディズニーランドホテルで使われているお部屋のグレードとビュー(眺め)の区別を解説します。


スポンサードリンク


部屋のビュー(眺め)について

3つのビュー

ディズニーランドホテル

ディズニーランドホテルは、ディズニーランドの正面にあるホテルです。もちろん、部屋からディズニーランドが見える。シンデレラ城が見える。これが魅力ですよね。

でも、建物ですから、ディズニーランドとは反対側の景色の部屋もあるわけでして。

ディズニーランドが見えると思って予約したけど、部屋に入ったら見えなかった。なんてことにならないようにしたいですよね。

ディズニーランドホテルはお部屋からの景色を3つのビューに分けています。『パークビュー』『パークグランドビュー』とその他です。

管理人がよくわからなかったのは『パークビュー』『パークグランドビュー』はどちらがいいのかということです。ここ、結構重要です。

パークグランドビュー

コンシェルジュスーペリアアルコーブ窓

パークグランドビューは、3つのなかで一番いい眺めです。まさしくディズニーランドが正面に見えるお部屋です。

ディズニーランドホテルの魅力を最大限に味わえます。ランドのシンデレラ城はもちろん、その奥にはシーのプロメテウス火山やタワーオブテラーなども見えます。夜になれば、シンデレラ城のプロジェクションマッピングや、花火、シーのファンタズミックの花火などもキレイに見ることができます。

ただし、ランドとランドホテルの間には、リゾートラインがあります。そうです。パークグランドビューでも、理想は、建物の上の階。上に行けば上に行くほどパーク全体が見えてきます。

4階、5階ぐらいだと、結構リゾートラインが視界に入ってきます。シンデレラ城が先っちょしか見えなくなったりします。

1階-3階は、もはやリゾートラインビューです。もちろん、リゾートラインビューなんて部屋はありませんよ。

『パークグランドビュー』は5階以上のお部屋に設定されているようです。

また、『パークグランドビュー』のお部屋でも(5-6階)、(7-9階)というように、階数によってお部屋の値段設定が分かれています。

予約時にしっかりと確認しておきましょう。ご予算があるなら、パークグランドビュー(7-9階)をお勧めします。

ディズニーランドホテル-パークグランドビュー

パークビュー

ディズニーランド側に位置してますが、お部屋の正面ではない方向にランドの一部が見えるお部屋です。

お部屋によってはシンデレラ城がみえないなんてこともあります。

以前は、『パークグランドビュー』と『パークビュー』の区別がなく『パークサイド』という名前だったようですが、クレームがあったのか2つのグレードに分けられました。

管理人は『パークビュー』に泊まっとことがなく、写真は掲載できません。泊まり次第更新したいと思います。

その他

公式予約サイトで(パークビュー)とか(パークグランドビュー)の記載がない場合は、ディズニーランドとは反対側の客室と思っておいた方がいいと思います。

パークとは反対サイドはどんな景色かといいますと・・・

シンデレラベッド景色

あえていうなら『旧江戸川ビュー』『首都高湾岸線ビュー』でしょうか。どんよりとした天気の写真ですいません。晴れた日にこちら側のお部屋に泊まったことがなく、いい写真がありません。晴れてると『マウント富士ビュー』『スカイツリービュー』になるはずです。

パークは一切見えません。その分、部屋の中で勝負です。

パークとは反対サイドのお部屋の半分以上がキャラクタールームになっています。シンデレラ、美女と野獣、ティンカーベル、不思議の国のアリスなどがテーマになっています。

ディズニーランドホテル-シンデレラルーム

部屋のグレード・名称について

ディズニーランドホテルは、4つのフロア区分があります。

『スタンダード』『キャラクター』『コンシェルジュ』『スイート』。もちろん、価格設定でいうと

スタンダード < キャラクター < コンシェルジュ <<< スイート

となるわけですが、お部屋の広さなどで、コンシェルジュよりも高いスタンダードのお部屋があったりもします。

ここからは、お部屋につけられている名称について説明しますね。

スーペリア

スーベニアだのスーペリアだのスペチアーレだの・・・。英語が弱い管理人にとってディズニーランドの言葉を理解するのは一苦労。そもそも、英語なのかイタリア語なのかすらよくわかりせん。ま、夢の国ですから普段使わない言葉もいいのかも。

『スーペリアルーム』というように書かれてますが、お部屋のグレード名のようですね。

一般的に『エコノミー』<『スタンダード』<『スーペリア』<『デラックス』<『ラグジュアリー』というようなグレードになるようですよ。

まあ、たしかにディズニーリゾートで、『松』部屋とか『竹』部屋、『梅』部屋といわれるとショックです。

結局『スーペリア』は普通よりはいいよ的な感じということでしょう。

コーブルーム

コーブって辞書で調べると、『入り江』『小さな湾』という意味でした。お部屋の形状を表しています。ベッドの一つが壁に入り組んで作られている部屋って意味のようです。

コーブ

こんな写真みたいに壁をくりぬいた感じのベッドがあります。こどものころ押入れを改造して秘密基地にした覚えがありますが、そんな感じでしょうか???

タレットルーム

これも辞書で調べたところ『小塔』という意味みたいですね。

その意味がわかっても、タレットルームの意味は未だに不明。もう少し調べたところわかりました。

ディズニーランドホテル-タレット

この部分のお部屋のことでした。外観が8角形の塔の形になっている部分のお部屋です。もちろん、お部屋も一部8角形っぽくなってますよ。

ちょうど、『ビビディ・バビディ・ブティック』の上にある部屋です。

その他

そのほかにも、お部屋の名称には、角部屋には『コーナー』、定員が多いお部屋には『ファミリー』、バルコニーがあれば『バルコニー』などがつけられています。

お部屋の正式な名前はフロアとこれらを組み合わせて『スタンダード・スーペリアアルコーブルーム』とか『コンシェルジュ・バルコニーアルコーブルーム』となります。

コンシェルジュ・スイートの特典

コンシェルジュとスイートの特典は、

  • コンシェルジュの一部お部屋を除いてランドが一望できる『パークグランドビュー』
  • マーセリンサロンが使える
  • 朝食がついている

おおまかにいうと、この3点でしょう。

スイートには泊ったことがないので、なにもいうことはありませんが、コンシェルジュは宿泊経験ありなのでこの特典は経験しています。

ディズニーランドホテル-マーセリンサロン

お部屋からの眺めももちろんいいです。『ドリーマーズ・ラウンジ』での朝食もありがたいです。でも一番印象に残っているのは『マーセリンサロン』ですね。

チェックイン、チェックアウトもこのラウンジでゆったりとできますし、滞在中はお酒(夕方以降)やドリンク、おつまみをいただけます。

スイートは、かなりお部屋代が高くなるのでなかなか予約する勇気がでませんが、『コンシェルジュ』クラスは、さほど?お部屋代がアップしないので選択肢にいれてもいいかもしれませんね。

マーセリンサロンの記事を書いたのでご興味があればご参照ください。

まとめ

ディズニーランドホテルのお部屋のグレードとビュー(眺め)についてまとめてみました。

憧れのランドホテル。そう数多く泊まれるわけではないので、希望通りのお部屋の予約が取れるといいですね。ランドホテルに泊まるときは早めに計画を建てて予約開始と同時に予約しましょう。

そうそう、みなさんディズニーランドホテルのことを何て呼びますか?『ランドホテル』?『ランホ』?さすがに『ランホ』までいくとなんのことかわからなくなるどころか、変な誤解を呼びそうな気がします。管理人は『ランドホテル』です。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA