ランドホテル~コンシェルジュ・タレットルーム(ダブル)~はこんな部屋だった!

eye_コンタレットダブル5

2018年7月にディズニーランドホテルのコンシェルジュ・タレットルーム(ダブル)に宿泊しました。

管理人の記録を兼ねてアップしますのでご興味があればどうぞ。


スポンサードリンク


コンシェルジュ・タレットルーム(ダブル)

コンシェルジュタレットダブル5景色
コンシェルジュ・タレットルーム(5階・ダブル)5515号室からの眺め

前記事に引き続いて、コンシェルジュ・タレットルームのお部屋についての記事です。前回は、コンシェルジュ・タレットルームの7階・ツインのお部屋でした。今回は、4~6階・ダブルで予約したお部屋です。

前回の記事はこちら。

お部屋の名前

コンシェルジュ・タレットルーム(ダブル)。『タレット』は小塔という意味です。

ランドホテル

 

ディズニーランドホテルには、この写真のような塔の部分がいろんなところにありますよね。この塔の部分のお部屋ということになります。

今回のコンシェルジュ・タレット(4~6階・ダブル)は、ディズニーランド側玄関の左右にある塔にあるお部屋です。

お部屋の場所

コンシェルジュタレットダブル5位置

コンシェルジュ・タレットルーム(ダブル)のお部屋の場所は、ディズニーランド側玄関の左右のお部屋。ツインはホテルの端っこですが、ダブルはベスポジというべき場所ですね。赤丸部分です。

コンシェルジュタレットダブル5外観2

ディズニーランドホテルの最上位のお部屋が、『ウォルト・ディズニー・スイート』ですが、この1ぱく50まんえんのお部屋も反対側のの塔の最上部9階にありますので、いかにベスポジかがおわかりになると思います。

お部屋の特徴

お部屋の名前にもなっているように、1番の特徴はタレット(小塔)部分のお部屋なので、お部屋も8角形のゾーンがあります。

コンシェルジュタレットダブル5内部1

この8角形ゾーン。普通の家にはないですよね。なので、より一層非日常的な感じを醸し出しています。窓の景色はランド、豪華な什器、まさに『夢と魔法の王国』とはこのこと。

夜になれば、豪華なディナー・・・といきたいところですが、現実はルッキンググラスギフトで調達したカップラーメンをこの8角形ゾーンですすりました。

ベッドは通常のダブル。あと、タレット部分にベッド(クルーズベッド)の追加もできます。

コンシェルジュタレットダブル5内部3

大人3名、小学生以下(添寝)2名で最大5名のお部屋です。

コンシェルジュタレットダブル5内部2

タレット部分からベッド部分をみるとこんな感じ。

コンシェルジュタレットダブル5内部4

ツインのお部屋とは若干雰囲気がかわりますね。

コンシェルジュタレットダブル5水回り

水回りは、ランドホテル標準の洗い場のあるお風呂にきれいな洗面です。

コンシェルジュタレットダブル5水回り2

35周年の間はルームカードキーが特別仕様。コンシェルジュは、そのなかでもピンクのミニーちゃんです。

コンシェルジュタレットダブル5ルームキー

そのうち、このルームカードキーもなくなっちゃうんでしょうかね?アンバサダーはスマホがルームキーになりつつあります。ランドホテルやミラコスタでもそうなるの?ちょっと寂しいですね。カードキー集めてるんだけどな・・・。

そのうち、『ひらけ~ゴマ!』なんて音声認証システムになるのでしょうか。

あっ、そうそう。ダブルのお部屋もツインど同様、テレビが2台あります。日ごろチャンネル権のないお父さん。好きなチャンネル見られますよ~。

まとめ

コンシェルジュルームにハマってしまった管理人。お部屋がいいというのもあるんですが、マーセリンサロンがハマりの原因でもあります。

今回ご紹介したコンシェルジュ・タレットルーム(4~6階・ダブル)は、ディズニーランドホテルのなかでもベスポジにあるお部屋です。もちろん、階が高ければ高いほどいいんですよね。今回の5階だとそれほどいい景色とまではいかないようです。やっぱり、7階以上がおすすめですね。

お部屋からの眺めについては、こちらでまとめているので、ご参考にどうぞ。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA