ディズニーランドホテル~マーセリンサロン~

eye_マーセリン

ディズニーランドホテルにあるマーセリンサロン。コンシェルジュとスイートルームの宿泊者が利用できます。

思いのほか快適なサロンでゆっくりとくつろいで贅沢な時間を。


スポンサードリンク


マーセリンサロンのいいところ

チェックイン/チェックアウトができる

レセプションでのチェックインとチェックアウトは時間を外せばスムーズに進みますが、だいだいみんな同じような行動をするのでレセプションはごった返します。

コンシェルジュ、スイートの宿泊者は、マーセリンサロンでチェックインとチェックアウトができるので、混雑とは無縁のチェックインとチェックアウトになります。

マーセリン受付

ゆったりとしたソファーに座り、おやつを食べてドリンクを飲みながらのチェックインです。なんとも贅沢な感じです。

で、混雑しているレセプションよりチェックインが早く終わるかというとそんなことはありません。ゆっくりと時間が進む中でチェックインするので終わってみると30分以上はかかっています。

早くチェックインを終えるためのサロンではないので、優雅な時間を楽しんでください。

無料でドリンク(アルコールあり)を飲める

関西人の管理人は、『無料』の2文字に弱いんです。

わかってますよっ。部屋代が他の部屋よりも高くてその中にマーセリンサロン利用代も足されているってことぐらい。

わかっていても、お金を払わず利用できるとなんかうれしいんですよね。ランドホテルの思うつぼであります。作戦通りに満足度がアップしております。マーセリンサロンのために次回もコンシェルジュよやくするぞーと思っている管理人です。

マーセリンドリンク

10種類近いおつまみ/おやつと、アルコール10種類以上、ソフトドリンク10種類以上のなかから好きなだけいただけます。

アルコールは17時以降の提供なので、お酒好きのかたは17時以降に利用してくださいね。1日に何回行っても顔は覚えられるでしょうが、怒らることはありませんので。

管理人は、お酒がだめなのでソフトドリンクオンリーですが、マーセリンサロンのアイスティーは絶品です。セイロン産を使っているとのことですが、なんともすっきり爽快なアイスティーでした。

朝食がついている

ドリーマーズラウンジ朝食

マーセリンサロンで朝食を食べるわけではないですが、コンシェルジュ、スイート宿泊者には、朝食がついています。3Fのドリーマーズラウンジでいただけます。

2017年10月1日以降の宿泊であれば、ルームサービスの朝食も選択できます。また、プライオリティーシーティング対象になるので『客室特典』でお部屋の予約と同時にドリーマーズラウンジ朝食の予約も取っておきましょう。

マーセリンサロンのメニュー

アルコール/ソフトドリンク

マーセリンドリンク2

オリジナル ノンアルコールカクテル

  • キャッスル・リフレクション

ソフトドリンク

  • グレープフルーツジュース
  • グランベリージュース
  • コカ・コーラ
  • ジンジャーエール

コーヒー・紅茶

  • コーヒー
  • エスプレッソ
  • カフェ・ラテ
  • カプチーノ
  • アイスコーヒー
  • アイスカフェ・ラテ
  • 紅茶
  • アイスティー
オリジナル カクテル

  • アズール

カクテル

  • ジントニック
  • スクリュードライバー
  • カンパリソーダ
  • カンパリオレンジ
  • カシスソーダ
  • カシスオレンジ

グラスワイン

  • スパークリングワイン
  • 白ワイン
  • 赤ワイン

ウイスキー

  • シーバス・リーガル12年
  • I.W.ハーパー

ブランデー

  • レミーマルタンV.S.O.P.

ビール

  • キリン一番搾り プレミアム生ビール

2018年1月現在

このメニューは、キャストに注文すると持ってきてくれるアルコール/ドリンクです。その他にも、セルフサービスでいただけるドリンクも多数あります。

マーセリン紅茶

ティーパックではありますがいろんな種類の紅茶があります。1823年設立のロンネフェルト社製のものです。このロンネフェルト社はヨーロッパを中心に伝統ある最高級ホテルに茶葉を提供している老舗。ダージリン、アールグレイの定番はもちろん、レモンのフルーツフレーバーティーや、オレンジとキャラメルのハーブティーなどバリエーションが豊富なので、長居して完全制覇を目指しましょう。

おつまみ/おかし

マーセリンおやつ

  • ロータス ビスケット
  • ヤマザキ ルヴァン
  • ナッツ アソート
  • ラムネ アソート
  • ベルキューブチーズ
  • 芥川チョコレート(コイン)
  • パスタスナック
  • サラミ
  • マシュマロ

2017年8月の情報です。2018年1月でも同じでした。今後変更されるかもしれませんが、だいたいこんな感じです。

芥川チョコレート

マーセリンあくたがわチョコ

お菓子の中に、黄金色に輝くコインが・・・。このコイン型のチョコレートは、東京都豊島区にある芥川製菓がつくっているディズニーホテルでしか食べることができないものです。芥川製菓は、日本のチョコレートの歴史といっていいほどのチョコレートの老舗。

このチョコレート、外国の有名チョコのような感じではなく日本人好みのまろやかな甘み、とろける頬っぺた。管理人のドストライクな味です。

芥川製菓がチョコレートの製造を手がけたのは大正3年。
日本のチョコレート史の幕開けとほぼ同時にスタートし、以来、チョコレート専業メーカーとして歩んできました。

その間、いかなる時でも品質の追求を徹底し、「おいしさ」だけでなく「楽しい夢」「贈る心」を商品に与えることを心がけてきました。
この理念はこれからも変わることはありません。

(引用:芥川製菓ホームページ)

理念にディズニーと通じるものがあるのかもしれませんね。とてもおいしいので、ぜひご賞味ください。ミラコスタ、アンバサダーのサロン、レストランでもお目にかかれます。

マーセリンサロンを使うには

何度も書いてきているように、マーセリンサロンは、コンシェルジュ、スイートルーム宿泊者限定です。

こういわれると、コンシェルジュ、スイート・・・そんなの無理だよ。ってことになりますよね。でも、よく調べるとそこまでお値段アップはありません。

例えば、

  • キャラクター・ディズニーシンデレラルーム(¥62,500~)
  • コンシェルジュ・ディズニーシンデレラルーム(¥77,000~)

は、お部屋の広さや仕様は同じ。つまり、¥15,000アップほどでコンシェルジュルームにランクアップできるということです。

家族4人で泊まるなら、朝食だけでも¥10,000ほどの価値はあるでしょうし、¥5,000でマーセリンサロンを使えると考えると特に割高な感じはしません。

もともと、ディズニーホテルに宿泊するということは『清水の舞台から飛び降りる』感じで予約するわけですから、もう一歩がんばって贅沢してみましょう。

マーセリンとは

『マーセリン』という言葉、実はディズニーリゾートのあちらこちらで重要な意味を持つキーワードです。

そのキーワードについてまとめています。

ディズニーホテルのラウンジ

デラックスタイプのディズニ―ホテル(ミラコスタ、ランドホテル、アンバサダー)にはマーセリンサロンのようなラウンジがあります。

その記事もあるのでご興味があればどうぞ。

アンバサダーホテル アンバサダーラウンジ

ホテルミラコスタ サローネ・デッラミーコ

2018年6月に宿泊予定です。その後記事を書きます。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA