2017-2018ニューイヤーズイブ~東京ディズニーシー~

eye_2018ニューイヤーズイブ

関西人の管理人が2017年8月にTDR2パーク年間パスを買いました。当然、年越しもパークです。

今回が初めてのTDRでの年越し。2017-2018の『ニューイヤーズイブ』の様子をまとめました。

201801お正月


スポンサードリンク


まずはチケット入手

年末年始のパークチケットは通常とは違って変則的です。

年パスも含めた通常のチケットは、31日の18時までのチケットとなります。

31日の20時~年越し~元旦の朝7時まで楽しめるチケットがニューイヤーズパス。

2018ニューイヤーズパス

このチケットがなかなか入手困難です。最終的に、オフィシャルホテルの東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートに宿泊することで入園保証されるので、ホテルでチケットを入手することになりました。もちろん、ホテル宿泊費用は通常の週末よりもだいぶ割高です。

最終的にオフィシャルホテル宿泊になったんですが、そう決定するまでには紆余曲折がありました。2017年8月からバケーションパッケージ、ディズニーホテルの予約などにチャレンジしていました。その経過をまとめた記事があるので貼り付けます。

大晦日から元旦

管理人は関西在住。そして2017年8月から初めての年間パスを家族で購入して2018年7月までの1年間TDRを満喫しようとしています。もちろん、冬休みも然り。過去最長の14泊15日(12月22日~1月5日)無休でTDRに入り浸っていました。

今まで年越しをTDRで経験したことはなくって、初めての経験でした。

31日の通常営業

もちろん31日大晦日も午前中からTDSにいっていました。

30日は幕張のホテルスプリングス幕張に宿泊していたので、31日はクラブリゾートへの移動日。大量の荷造りに追われて結局TDSにたどり着いたのは11時をまわっていたんです。

そうすると、パ―クエントランス前で多くの人が列をなして座り込んでるんです。えっ?まさかニューイヤーズイブに入るための列???初体験のためわからなかったのですが、20時の開園まであと8時間以上もあるのに、もう並んでるんですね。

みなさん何目的?トイマニ?リドアイル?

31日通常営業の18時までのパークの混雑ですけど、ひじょーに空いてました。そらそうか、18時までしか入れないので1デーパスとかで入るのはもったいないですもんね。

201712ビッグバンド当選2

12月26日にビッグバンドビート最前列が当選したんですが、31日もビッグバンドビート当選しました。空いていたので当たりやすかったんでしょう。結構まわりも当たってました。今回は中央8列目。2回目の当選もかなりいい席で鑑賞することができました。

そういえば、みなさん抽選ってアプリでしてます???管理人は最近ランドではトゥモローランドホール、シーではビリエッテリーア(抽選所)でしています。感覚なんですが、アプリより抽選所で抽選したほうが当たりやすい気がしています。時間もアプリの抽選が締め切られた開演1時間前を過ぎてから。その方か当たる確率が高いような気がするんですよね~。

ニューイヤーズイブ

通常営業は17時に切り上げて東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートへ。しばらく休憩してからニューイヤーズイブにいくことにしました。

休憩の間は『ガキの使いやあらへんで 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』。大晦日といえばこれですよね?!

あれだけみなさん並んでいるので20時にいっても並ぶだけなんだろうなぁと思い、ネット検索。1時間後なら並ばず入園できるということで、8時40分にエントランス到着。40分でもならばずに入園することができました。(シーだからかな。ランドは何時ごろ列が解消するのかは不明です。)

ゲスト全員に配られるケミカルライト。

2018ニューイヤーズケミカルライト

ポキッと折った直後は結構明るく発光するけど、しばらくすると明るさはちょっと落ちます。それでも、一晩は光り続けてました。

混雑度

なんせ初めてのニューイヤーズイブ。どれぐらいの混雑になるのかも知らないわけで、チケットが入手困難ということは普段よりは空いているのかな~という淡い期待をもっていたんですが、とんでもなかったです。

混んでる週末より若干多いのかなというぐらい。たぶんシーで4万人台後半ぐらいの感覚です。ただ、小さな子供が少ないためマーメードラグーンあたりはかなり空いていました。

全体的には、ちょっと入れすぎちゃう?という印象です。

でも、チケット販売を減らすと入手がさらに困難になるので難しいですね。

なにをしたか?

ニューイヤーズイブででしか経験できないことをしようということで、まずは、ニューイヤーズイブ限定のホットポットをいただきました。

カフェポルトフィーノで販売されているサルシッチャ&イタリアンミートボールのベジタブルスープ。

2018ホットポット

スープらしいですが、具だくさんです。スープはほとんどないような・・・。¥1,300でお箸とパンがついています。ボリュームもかなりあったので満足の一品。

ただ、年越しなのでお蕎麦とかお雑煮とかのほうがいいなぁと思う管理人です。以前はあったのかな。

このホットポットは数量限定です。シーならカフェポルトフィーノ以外にホライズンベイ、ユカタンベースキャンプ、ミゲルズエルドラドキャンティーナの4か所での販売です。数量限定ということですけど12時までになくなるなんてことはないようで、昨年の2016-2017の場合はカフェポルトフィーノで売り切れたのは2時半ごろだそうです。

メインイベントは、やっぱり年越しの瞬間ですよね。23:55から『ニューデイ、ニュードリームス』です。

2018カウントダウン2

23:55からの『ニューデイ、ニュードリームス』に先立って、23時からメディテレーニアンハーバーでその一年パークで使われた音楽を流して年始から振り返っていきます。

自分の1年の振り返りをしながらしんみりとできるので、カウントダウンを待ちながらもいい時間を過ごすことができました。

『ニューデイ、ニュードリームス』ではホタルの光、カウントダウン、花火と続きます。この日しかないイベントなのでやっぱりいいですね。終える一年を振り返って、新しく始まる1年に希望を持つ。TDRはそんな時間を過ごすにはいい場所だな~と思います。

2018カウントダウン3

ちなみに、ニューイヤーズイブパスポート。ランドとシーに分かれたチケットになっていますが、元旦午前1時から行き来できるようになります。

リゾートラインも混雑しますが一晩中動いているので、両方のパークを楽しめます。

午前3時撤収

『ニューデイ、ニュードリームス』がおわって、あらたな1年が始まったことを考えながらそのあとは過ごしました。

ただ、管理人はアラフォー。睡魔が襲ってきます。いつもなら10時に寝ている子供たちも限界が・・・。ということで3時前に撤収。やっぱり子どれのグループは1時ごろから帰り始めるようですね。

3時ごろになると混雑もましになってきます。若くて元気な人の出番です。できることなら初日の出もパークで見るのがいいんでしょうけど・・・。

深夜ディズニー寒さ対策(防寒)

気象庁によると舞浜最寄の船橋の記録で元旦の最低気温がマイナス0.2℃だったようです。たぶん、TDR近辺もそれぐらいの気温だったんでしょうね。

そんななか、どういう寒さ対策(防寒)をしていたのか。おススメのグッズをまとめている記事があるのでご興味があればどうぞ。

まとめ

初めてのディズニーリゾートでの年越し。初めての『ニューイヤーズイブ』でした。

感想としては、この日しか経験できない深夜TDRを楽しめたのはよかったんですけど、初めてだけにいろいろと期待していた部分もあったので、ちょっと期待には届かなかった感があります。

もちろん、『ニューデイ、ニュードリームス』やこの日だけの経験などができて楽しくは過ごせたんです。

ただ、もう少しスペシャル感がほしいというか・・・。ま、また行くこともあると思いますが、もう少しいつもと違う感があればいいなというのが正直な感想です。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA