チャンギ空港ターミナル1にある3つのラウンジ

eye_チャンギT1

シンガポールのチャンギ国際空港は、旅行客の利便性が大きく評価され世界の空港ランキング1位を獲得した空港です。

その利便性のなかには、シャワーや仮眠室などが備えられているラウンジの存在も大きいかもしれません。そんなチャンギ空港のターミナル1にある3つのラウンジを体験してきましたのでご紹介します。


スポンサードリンク


ターミナル1のラウンジ

JALが利用するシンガポールチャンギ空港の第1ターミナルです。その中にあるラウンジを紹介します。ここで紹介するラウンジはすべてプライオリティーパスで無料利用できますので、お持ちの方は活用してみてください。

ほかのいろんなブログでそれぞれ詳しい情報はあるので、当サイトではそれぞれのラウンジ比較感情報を入れていきたいと思います。

チャンギT1ラウンジ

プラザ・プレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)

ターミナル1の西側(ターミナル3側)の制限エリア3階にあるプラザ・プレミアムラウンジです。『Tranfer Lounge C』という看板の裏のエスカレータで3階に上がると目の前にあります。

このラウンジは利用者の評価が高いですね。シンガポールチャンギ空港内でプライオリティパスを使えるラウンジが9つありますが、その中でも一番評価が高いラウンジです。

チャンギT1プラザ

確かに、内部の雰囲気はいいですね。高級感が漂う雰囲気になっています。また、チャンギ空港内のラウンジは空港制限エリアにありながら意外と飛行機を眺めながらという席が少ないんですよね。でも、このプラザ・プレミアムラウンジはばっちり飛行機や滑走路を眺めながらリラックスすることができます。

チャンギT1プラザ5

チャンギT1プラザ2

座席も基本がソファー席、一人席からグループ席、VIP用の個室、いろんなパターンの席があるので、好みの席を確保すると快適そのもの。

チャンギT1プラザ3

当然、ホットミール、ドリンクもそろっています。

プラザ・プレミアムラウンジの特徴は、作り置きのホットミールもあるんですが、注文式のメニューがある点でしょうか。管理人が行ったときには、ラウンジハシゴ3件目だったため、もう食べられません状態。注文はしませんでしたが、作り立てのごはんをいただけるのはうれしいサービスですね。

ただ、アルコールは基本有料なようです。ビールは無料で飲めた!なんて情報もありますが、注文していないので真実はわかりません。

チャンギT1プラザ6

チャンギT1プラザ4

利用はしませんでしたが、シャワーや仮眠部屋などもあり、一通りラウンジに求められる機能は備えられています。

総合すると、前評判通りレベルの高いラウンジであることは間違いありません。ただ管理人の場合、事前にプラザ・プレミアムラウンジはいいぞ情報のためかなりハードルの高い状態で訪れたため(期待値が高すぎたのか)そこまでいいかぁ?との感想です。

いいんですよ、いいんですが、めちゃくちゃいいやん!にはなりませんでした。でも、ターミナル2のアンバサダートランジットラウンジやSATSプレミアムラウンジよりは間違いなくいいです。

ANAならターミナル2を利用することになりますが、ターミナル間を無料で結ぶスカイトレインに乗ってターミナル1まで足を伸ばしても損はないと思います。

ディナタラウンジ(Dnata Lounge)

ターミナル1の東側(ターミナル2側)の制限エリア3階にあるディナタラウンジ(Dnata Lounge)です。エルメス横のエスカレータで3階に上がるとすぐにあります。

このラウンジも利用者の評価が高いですね。そして、管理人もチャンギ空港のラウンジの中で一番よかったのがこのラウンジです。2017年8月からはJALの指定ラウンジにもなっているようです。

チャンギT1dnata3

内装は明るく清潔感があってそれでいて明るすぎず(どっちやねん)リラックスできる雰囲気です。薄暗く間接照明中心の高級感ある雰囲気ではないですが、管理人はここの雰囲気は好きです。

チャンギT1dnata

ホットミールの種類が多く、スタッフがこまめに補充や、周辺のお掃除をしているのでよくありがちな散らかっている状態がなく気持ちよく利用できます。

チャンギT1dnata2

お酒やドリンクも種類が豊富で満足できるのではないでしょうか。JALの指定ラウンジになったからか缶ビールですがアサヒやサッポロもありましたよ。

チャンギT1dnata5

シャワールームがやや狭いかなという印象です。利用していないのでパッと見の印象なので信頼度は低めです。ただ、シャワーの数が少ないのでもしかすると順番待ちなんて時間帯もあるかもしれません。

でも、総合的にターミナル1からターミナル3までプライオリティパスで利用できるラウンジを見て回りましたが、ここが1番です。評判のいいプラザ・プレミアムラウンジよりもこっちの方がよかったです。

JALなら当然利用されると思いますが、ANA利用の方もプライオリティパスをお持ちならおススメします。

SATSプレミアムラウンジ(SATS Premium Lounge)

ターミナル1の西側(ターミナル3側)の制限エリア3階にあるSATSプレミアムラウンジです。TUMI横のエスカレータで3階に上がるとすぐにあります。

JALの指定ラウンジがディナタラウンジになる前はこちらのラウンジだったので、なじみのある方も多いと思います。

チャンギT1SATS1

このSATSプレミアムラウンジは、ターミナル1~3のそれぞれに1か所ずつあります。中の雰囲気はお花があちこちに飾ってあって、明るくいい感じです。

チャンギT1SATS2

ホットミール、ソフトドリンク、コーヒー、アルコールなども充実しているので飲食も楽しめると思います。ただ、どこのラウンジもそうですが、お味のほうはあまり期待しないほうがいいと思います。

チャンギT1SATS3

もちろん、シャワールームも完備。利用はしませんでしたが、潜入捜査はさせてもらいました。清潔感もあって、よくメンテナンスされたシャワールームでしたよ。気持ちよく使えそうです。

チャンギT1SATS4

まとめ

JALが利用するチャンギ空港のターミナル1のラウンジ情報をまとめました。

一番古いターミナルなんですが、ラウンジはほかのターミナルと比べてレベルが高いと思います。ターミナル2、ターミナル3よりも全体的に良かったです。

特に、ディナタラウンジとプラザ・プレミアムラウンジはチャンギ空港のプライオリティパスで利用できるラウンジでは2トップではないでしょうか。

無料のスカイトレインに乗るとターミナル間の移動もすぐなので、ターミナル2を利用するANAに搭乗する場合もターミナル1まで足を延ばしても面白いと思います。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA